HOME > 医療トピックス[長野県版] > 医業収支は6億円の赤字 飯山日赤、18年度決算(8/6)

医療トピックス[長野県版]

医業収支は6億円の赤字 飯山日赤、18年度決算(8/6)

医療タイムス 長野県版 2019.08.06 
医療ニュース
 飯山赤十字病院(石坂克彦院長)は5日、同院で近隣の6市町村が参加する運営協議会を開き、同院の運営状況や事業計画を報告した。2018年度決算で、ここ数年以上続く医師不足による診療制限などにより、本業の医業収支は6億42万円の赤字を計上。一方、同年6月に開設した救急科では、断らない医療に力を入れたことも影響し、入院延べ患者数は8万2935人で…【8月7日号タイムスFax】
飯山日赤 運営協
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る