HOME > 医療トピックス[長野県版] > 薬物依存症について病気からの回復支援強調  田代まさし氏が講演、日本精神科看護協会県支部(7/10)

医療トピックス[長野県版]

薬物依存症について病気からの回復支援強調  田代まさし氏が講演、日本精神科看護協会県支部(7/10)

医療タイムス 長野県版 2019.07.10 
医療ニュース
 日本精神科看護協会県支部(坂本清志支部長)は6日、薬物依存症のリハビリ施設「日本ダルク」スタッフの田代まさし氏を講師にJA長野厚生連北アルプス医療センターあづみ病院で精神保健法制定の「こころの日(7月1日)」を記念して講演会を開き、医療従事者や地域住民ら約150人が耳を傾けた。田代氏は「何故?依存症者は孤立してしまうのか?」をテーマに、自身の経験や役割を紹介。薬物依存症は病気であるとして、「依存症者を厳罰にして社会から排除するのではなく、社会が病気からの回復を支援することが…【7月11日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る