HOME > 医療トピックス[長野県版] > 深夜帯拡充で民間委託へ 小児救急の電話相談(3/15)

医療トピックス[長野県版]

深夜帯拡充で民間委託へ 小児救急の電話相談(3/15)

医療タイムス 長野県版 2019.03.15 
医療ニュース
 子どもの夜間の急病に際し、対処方法や受診の要否について助言を行う「こども救急電話相談事業(=#8000)」が、これまでの準夜帯に加え4月から深夜帯の運用を開始する。2008年から事業を受託してきたNPO法人e-MADO病気のこどもの総合ケアネットは、スタッフの高齢化などを理由に対応が難しいとして事業から退き、新たに民間のコールセンターが運営を…【3月18日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る