HOME > 医療トピックス[長野県版] > 開設8カ月で40人受診 諏訪中央の「食・嚥下外来」(2/8)

医療トピックス[長野県版]

開設8カ月で40人受診 諏訪中央の「食・嚥下外来」(2/8)

医療タイムス 長野県版 2019.02.08 
医療ニュース
 諏訪中央病院(吉澤徹院長)が昨年6月に開設した「食・嚥下外来」は、これまでに延べ約40人が受診するなど、かかりつけ医や地域住民にも徐々に浸透し、順調に推移している。同外来は「多職種連携で包括的に“食”をサポートするのが特徴」(嶋根哲歯科口腔外科医長)で、医師(内科医)、歯科医師、歯科衛生士、摂食・嚥下障害看護認定看護師、言語聴覚士、管理栄養士の8人で…【2月12日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る