HOME > 医療トピックス[長野県版] > クリニカルパスの適応率が年々上昇 機能評価で報告、北信総合(2/6)

医療トピックス[長野県版]

クリニカルパスの適応率が年々上昇 機能評価で報告、北信総合(2/6)

医療タイムス 長野県版 2019.02.06 
医療ニュース
 県がん診療連携拠点病院整備検討委員会は5日、JA長野厚生連北信総合病院(洞和彦院長)で、同院が地域がん診療病院に指定後初となる機能評価のための現地調査を行った。施設調査を前に病院側から同院の概況説明があり、院内クリニカルパスについて各病棟に配置した実務者がパスを作成し、発行と協議を看護部作成委員会で行っていると説明。その後、院内パス作成運用委員会で最終的に協議・承認し、パス推進を図ることにより、年々クリニカルパスの適応率が上昇…【2月7日号タイムスFax】
北信総合が機能評価で報告(武内玄太)
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る