HOME > 医療トピックス[長野県版] > 不整脈カテ治療をサポート  新画像装置導入で被ばく線量軽減、松本協立(2/5)

医療トピックス[長野県版]

不整脈カテ治療をサポート  新画像装置導入で被ばく線量軽減、松本協立(2/5)

医療タイムス 長野県版 2019.02.05 
医療ニュース
 松本協立病院(佐野達夫院長)は、不整脈の心臓カテーテル治療をサポートする3次元画像装置「カルトユニビュー」を県内で初めて導入し、昨年12月から使用を開始した。従来の治療法と比べ循環器内科の小山崇診療部長は「これまでの被ばく線量の3割程度に抑えられる。安全に治療することが一番重要」と…【2月6日号タイムスFax】
松本協立 3次元
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る