HOME > 医療トピックス[長野県版] > 多職種連携図り業務拡大 長臨技と長放技が合同新年会(1/23)

医療トピックス[長野県版]

多職種連携図り業務拡大 長臨技と長放技が合同新年会(1/23)

医療タイムス 長野県版 2019.01.23 
医療ニュース
 県臨床検査技師会(村山範行会長)と県診療放射線技師会(大塚亨会長)は19日、今年で5回目となる合同の賀詞交歓会を松本市内のホテルで開いた。来賓や会員ら約170人が参加。村山会長はあいさつで、昨年の医療法改正が臨床検査技師にとって大きな転換期だったと振り返り、内容をどのように充実させていくかが課題として「多職種間連携を図りながら病棟業務や地域に出ていく活動の業務を拡大していき、県民の健康に寄与していきたい」と気持ちを新たに決意を…【1月24日号タイムスFax】
長臨技・長放技新年会
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る