HOME > 医療トピックス[長野県版] > 専門医指定施設に認定 飯山日赤、救急科の若手医師育成へ(1/22)

医療トピックス[長野県版]

専門医指定施設に認定 飯山日赤、救急科の若手医師育成へ(1/22)

医療タイムス 長野県版 2019.01.22 
医療ニュース
 飯山赤十字病院(石坂克彦院長)はこのほど、日本救急医学会から「救急科専門医指定施設」の認定を受けた。認定により、救急科における若手医師を育成して地域住民へのPRにつなげる。可能な限り断らない救急体制を構築し、診療体制充実を図っていく。
 同院は昨年4、5月に救急科医師2人を増員。救急科・総合診療科の藤本和法救急部長が中心となり、断らない医療を目指し救急患者の受け入れを増やしてきた…【1月23日号タイムスFax】
飯山日赤 藤本部長
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る