HOME > 医療トピックス[長野県版] > 調剤情報を多職種で活用  飯田下伊那薬が公開システム導入、県内で先駆け(1/17)

医療トピックス[長野県版]

調剤情報を多職種で活用  飯田下伊那薬が公開システム導入、県内で先駆け(1/17)

医療タイムス 長野県版 2019.01.17 
医療ニュース
 飯田下伊那薬剤師会(熊谷均会長)は昨年から、患者同意の下、会員薬局が持つ調剤情報を飯田下伊那診療情報連携システム(ism-Link)にアップロードして、医療機関など多職種で閲覧できる調剤データシステム公開を県内で先駆けて導入した。昨年2月に会営薬局と同会役員所属の薬局で試験導入を開始。その後順調に導入を拡大していき…【1月18日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る