HOME > 医療トピックス[長野県版] > 救急救命士のビデオ喉頭鏡使用 認定制度の運用来春から、県(12/3)

医療トピックス[長野県版]

救急救命士のビデオ喉頭鏡使用 認定制度の運用来春から、県(12/3)

医療タイムス 長野県版 2018.12.03 
医療ニュース
 救急救命士が緊急気管挿管を行う際に、画面で気道内部の状況を把握する「ビデオ硬性挿管用喉頭鏡」の使用に向けた県の技能認定制度が来年4月、スタートする。制度開始以降、各消防本部で必要機材の調達に係る予算措置や運用体制の構築を進め、2020年6月からの病院実習と講習実施を目指す。既に体制整備を終えた上伊那MC協議会は…【12月4日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る