HOME > 医療トピックス[長野県版] > 30~50代男性に拡大検討 県の風疹抗体検査(11/8)

医療トピックス[長野県版]

30~50代男性に拡大検討 県の風疹抗体検査(11/8)

医療タイムス 長野県版 2018.11.08 
医療ニュース
 県の風疹対策で、これまで妊娠を希望する女性と抗体を持たない妊婦の家族に対して実施してきた抗体検査について、県保健疾病対策課が早ければ来年度から、30~50代の男性にも拡大実施する方向で検討していることが分かった。5日に開いた感染症対策協議会(飯塚康彦会長=県医師会常務理事)で説明した。
 会合では、国立感染症研究所感染症疫学センターの神谷元氏が麻疹と風疹の最新動向について話し、今年の風疹患者数は過去の大流行期を超えて増えていると…【11月9日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る