HOME > 医療トピックス[長野県版] > 集団検診のマンモ160人分増  長野市保健所、著名人の乳がん死去で(11/7)

医療トピックス[長野県版]

集団検診のマンモ160人分増  長野市保健所、著名人の乳がん死去で(11/7)

医療タイムス 長野県版 2018.11.07 
医療ニュース
 長野市保健所(小林文宗所長)は、マンモグラフィー検診車による乳がんの集団検診枠が残りわずかとなったことから急きょ160人分増やし、今年度2320人分とした。昨年度は2160人枠に対し1992人が検診を受けたが、今年は10月上旬で残り40人分となった。同所では、10月のピンクリボン月間のほか、漫画家のさくらももこさんが8月に乳がんで死去したことからマンモ検診の関心が高まっていると話しており…【11月8日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る