HOME > 医療トピックス[長野県版] > 熱中症予防の啓発活動で優秀賞  ひと涼みアワード、日本農村医学研究所(11/1)

医療トピックス[長野県版]

熱中症予防の啓発活動で優秀賞  ひと涼みアワード、日本農村医学研究所(11/1)

医療タイムス 長野県版 2018.11.01 
医療ニュース
 日本農村医学研究会日本農村医学研究所(夏川周介所長=佐久総合病院名誉院長)は10月25日、環境省職員や医療関係者らが実行委員を務める熱中症予防声かけプロジェクトが主催の「ひと涼みアワード2018」の優秀賞(職場啓発部門)と新人賞を受賞した。同研究所は「ひと涼みしませんか~農作業中の熱中症を防ごう!」をテーマに、啓発ツールのうちわ無料配布や、実際の農作業現場へ足を運び呼び掛けなどによる熱中症予防の啓発活動に…【11月2日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る