HOME > 医療トピックス[長野県版] > がん治療と就労の両立支援 県が事業所向けに初のセミナー(10/16)

医療トピックス[長野県版]

がん治療と就労の両立支援 県が事業所向けに初のセミナー(10/16)

医療タイムス 長野県版 2018.10.16 
医療ニュース
 県は15日、事業主や人事担当向けに初の「がん治療と就労の両立支援セミナー」を長野市芸術館で開いた。厚生労働省の統計によると、がん患者の3人に1人が20~64歳の働く世代とされ、そのうちの34%が仕事への不安や治療を考え離職している現状があることから、両立支援に関する知識と制度の普及を図った。県では5年目を迎えるがん対策推進条例に定めた「がんと向き合う週間」(15~21日)に合わせ…【10月17日号タイムスFax】
がん治療と就労の両立支援
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る