HOME > 医療トピックス[長野県版] > 地域密着型目指し病床数199床に 松本市立、10月から(10/11)

医療トピックス[長野県版]

地域密着型目指し病床数199床に 松本市立、10月から(10/11)

医療タイムス 長野県版 2018.10.11 
医療ニュース
 松本市立病院(高木洋行院長)は1日から、より地域に密着した医療を提供するため病床を215床から199床に削減した。近年の入院患者の減少や、経営改善の一環として病床数を変更し、病診連携の強化とともに在宅医療や地域包括ケアシステムを支える病院を目指していく。
 同院によると、昨年度1日当たりの平均稼働は151床で、最大利用数は冬場の180床程度にとどまり…【10月11日号タイムスFax】
松本市立外観
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る