HOME > 医療トピックス[長野県版] > 消化管ドック開始、1日で上部と下部 相澤健康センター(9/25)

医療トピックス[長野県版]

消化管ドック開始、1日で上部と下部 相澤健康センター(9/25)

医療タイムス 長野県版 2018.09.25 
医療ニュース
 社会医療法人財団慈泉会相澤健康センター(小池秀夫センター長)は19日から、上部消化管と下部消化管の内視鏡検査を1日で実施する消化管ドックを開始した。検査にかかる患者の時間的負担を軽減し、40代から50代の働き盛り世代の受診率を向上させる狙い。既存の人間ドックで検査項目に入っている胃内視鏡検査は受診率が高く、年間で約1万7000人が受診。一方、希望者のみに…【9月26日号タイムスFax】
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る