HOME > 医療トピックス[長野県版] > 諏訪日赤で母子保健学ぶ ネパール小児科医師(9/14)

医療トピックス[長野県版]

諏訪日赤で母子保健学ぶ ネパール小児科医師(9/14)

医療タイムス 長野県版 2018.09.14 
医療ニュース
 日本の母子保健を学ぶために駒ケ根市を拠点に研修を行っているネパールの医師が13日、諏訪赤十字病院を訪れ、NICUとGCUの見学やチーム医療の取り組みなどを学んだ。同研修はJICA事業の一環で、今回で3回目となる。
 来日したのは、駒ケ根市と国際協力友好協定を結ぶネパールポカラ市の母子友好病院に所属する小児科医ラム・チャンドラ・バストラ氏。ネパールは…【9月18日号タイムスFax】
諏訪日赤でネパール医師研修(左)梶川院長
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る