HOME > 医療トピックス[長野県版] > おおむね前向き評価 県立病院機構の17年度評価案(8/10)

医療トピックス[長野県版]

おおむね前向き評価 県立病院機構の17年度評価案(8/10)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 県は9日、県立病院機構の2017年度総合評価を5段階の中間にあたる「B」とする素案を同評価委員会(小宮山淳委員長=松本秀峰中等教育学校長)に示した。経営改善プログラムによる業務運営効率化や医療機能維持拡充への取り組みを評価した一方、2期連続の経常損失計上や中期計画目標値とのかい離が大きいことなどを総合的に判断し、県の評定と機構の自己評定ともにBとした。項目別では財務内容の改善に関する事項で、県と機構がともに「C」をつけたが、全体的にはおおむね前向きな評価となった。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る