HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「救護所機能果たせた」 諏訪日赤、豪雨災害の救護班が報告(8/3)

医療トピックス[長野県版]

「救護所機能果たせた」 諏訪日赤、豪雨災害の救護班が報告(8/3)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 諏訪赤十字病院(梶川昌二院長)は7月31日、西日本豪雨災害被災地の広島県呉市へ派遣した救護班の活動報告会を開き、職員約100人が参加した。天応地区「天応まちづくりセンター」で移動日を含め同18~22日までの5日間(実働3日間)の活動を終えた8人の派遣職員の内4人が報告。チームリーダーを務めた第3消化器外科の高須香吏副部長は「医療ニーズ自体はそれ程高くなかったが、外傷など気軽に受診できる救護所機能は果たせた」と述べた。このほか薬剤師の横山征史氏、救命救急センターの牧内明美看護師長、事務部医事課の赤羽千春医事係長が現地の状況を語った。
諏訪日赤救護班派遣の報告会(柳本)
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る