HOME > 医療トピックス[長野県版] > 長いスパンで根本解決を 働き方改革推進セミナー(8/3)

医療トピックス[長野県版]

長いスパンで根本解決を 働き方改革推進セミナー(8/3)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 医師や看護師ら医療スタッフの勤務環境改善を目指すセミナーが7月31日に松本市であった。
 特定社会保険労務士の福島通子氏が、関係法律の整備状況や厚生労働省の検討会がとりまとめた中間的な論点整理の内容を説明。医師の労働時間短縮に向けた議論の中では、応召義務の解釈をどうするかや、自己研さんと業務の線引きの難しさ、独自の医師労働法を制定する必要性などさまざまな意見があると話し、残業を抑制すると勉強をしたい勤務医からは苦情が出るなど多面的な課題があることを示した。
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る