HOME > 医療トピックス[長野県版] > メディカルフィットネス開設から3カ月  丸の内病院、ロコモフレイル外来の受け皿(7/31)

医療トピックス[長野県版]

メディカルフィットネス開設から3カ月  丸の内病院、ロコモフレイル外来の受け皿(7/31)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 丸の内病院(松本市、中土幸男院長)は昨年1月から開始したロコモフレイル外来の受け皿として、メディカルフィットネス「リベリー」を5月に開設し、約3カ月が経過した。現在、約40人の会員が1カ月で延べ100回利用。中土院長は「ロコモフレイル外来も含め効果が出始めている」と話している。今後については、「膝と股関節の人工関節施術後の初期通院リハが終了した患者向けの運動機能維持と管理にも利用していく」と抱負を述べた。
丸の内 メディカルフィットネス
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る