HOME > 医療トピックス[長野県版] > 災害拠点病院が同時に情報把握 システム構築へ検討求める、県DMAT分科会で意見(7/30)

医療トピックス[長野県版]

災害拠点病院が同時に情報把握 システム構築へ検討求める、県DMAT分科会で意見(7/30)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 県の災害派遣医療チーム(DMAT)運用体制について協議する県DMAT分科会(栁谷信之会長=長野赤十字病院救命救急副センター長)は27日、長野市で開き、今年度の養成研修や登録隊員の現状について確認した。県内で大規模な事故や災害が発生した場合に、災害医療機関など多数の機関が瞬時に情報把握できるシステム構築を求める意見があり、具体的な検討に向けてワーキンググループを設置するよう提言した。
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る