HOME > 医療トピックス[長野県版] > 漢方で脳卒中後の合併症抑制 健和会の福村医師、日本リハ医学会で最優秀賞(7/27)

医療トピックス[長野県版]

漢方で脳卒中後の合併症抑制 健和会の福村医師、日本リハ医学会で最優秀賞(7/27)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 健和会病院(飯田市、和田浩院長)総合リハビリテーションセンター長の福村直毅氏はこのほど、漢方薬を用いて脳血管障害後遺症患者の合併症を抑制する論文で、日本リハビリテーション医学会論文賞の最優秀賞を受賞した。今後は入院率や介護負担の減少、医療費削減などに向けた活用が期待される。
健和会福村氏
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る