HOME > 医療トピックス[長野県版] > 顔の見える「連携のつどい」に230人 長野日赤(7/12)

医療トピックス[長野県版]

顔の見える「連携のつどい」に230人 長野日赤(7/12)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 長野赤十字病院(吉岡二郎院長)は11日夜、顔の見える関係を築いて地域医療連携の質を高めようと、長野市内のホテルで近隣の医療関係者を招いた「医療連携のつどい」を開いた。院外145人、院内85人の計230人が出席し、同院の最近の取り組みや立食での意見交換を通して親睦を深めた。つどいは6年連続で行い、それ以前の2回を含め計8回目の開催。参加者が年々増えている。
長野日赤 連携の集い 吉岡院長
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る