HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「スマート治療室」で手術開始 室外の医師がサポート 信大など(7/10)

医療トピックス[長野県版]

「スマート治療室」で手術開始 室外の医師がサポート 信大など(7/10)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 国立研究開発法人日本医療研究開発機構、信州大学、デンソーなどは9日、手術に用いる顕微鏡や電気メスなどの機器を一つのシステムに接続した「スマート治療室」を開発したと発表した。手術室の外にいる医師と画像やデータを共有し、相談しながら執刀できる。今月下旬から信州大で臨床研究として脳の手術に活用する。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る