HOME > 医療トピックス[長野県版] > ホンダの歩行アシスト機器、県内初導入 新生病院(6/20)

医療トピックス[長野県版]

ホンダの歩行アシスト機器、県内初導入 新生病院(6/20)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 新生病院(大生定義院長)の通所リハビリテーションは、歩行時の股関節の動きをセンサーで検知し、制御コンピューターによってモーターを駆動させ、下肢の振り出しや蹴り出しを補助する歩行訓練機「Honda歩行アシスト」を県内で初めて導入した。4月から本稼働させ、これまでに5人が利用。歩行訓練のニーズが高まる中、効率よく指導を行い利用者一人ひとりの生活範囲を広げるサポートを強化していく。
新生 歩行アシスト①
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る