HOME > 医療トピックス[長野県版] > 2021年度で閉校の考え示す 長野赤十字看護専門学校の吉岡校長(6/14)

医療トピックス[長野県版]

2021年度で閉校の考え示す 長野赤十字看護専門学校の吉岡校長(6/14)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 長野赤十字看護専門学校の吉岡二郎校長(=長野赤十字病院長)は14日、長野市内で開いた日本赤十字社県支部評議員会で、同校について2019年度入学を最終に21年度に閉校するとの考えを示し、評議員らに報告した。吉岡校長は、閉校と決まった場合の仮定とした上で「9月以降には日本赤十字社本社と県支部、当校で三者協議を開き、学校廃止と学生募集停止の申請などを行う」と、今後の展望を話した。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る