HOME > 医療トピックス[長野県版] > 常食に似せた「きざみ食」提供 塩尻協立病院(6/8)

医療トピックス[長野県版]

常食に似せた「きざみ食」提供 塩尻協立病院(6/8)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 食事を楽しんでもらおうと塩尻協立病院(中野博文院長)は、摂食・嚥下機能の低下や歯でかむことができない入院患者向けに、見た目を常食に近い状態に再形成した「きざみ食」の提供に力を入れている。栄養調理科で管理栄養士の田中千恵氏は、見た目で食欲を増進することにより、食事療法の一環に役立っているとして「患者やその家族からの評判が良く、他病院や施設などにも広めていきたい」としている。
塩尻協立 きざみ食③
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る