HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「社会全体で粘り強く対策を」 北信地区薬乱対策推進協が総会(6/7)

医療トピックス[長野県版]

「社会全体で粘り強く対策を」 北信地区薬乱対策推進協が総会(6/7)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 北信地区薬物乱用対策推進協議会(小林良清会長=長野保健福祉事務所長)は7日、長野市の長野保健福祉事務所で総会を開き、2018年度の事業計画などについて原案通り承認した。小林会長はあいさつで昨年度の全国の覚せい剤検挙者数が1万人超えの高水準で、大麻の検挙者数においては3000人を超えて増加傾向であることなどに触れ、「薬物乱用に関しては依然と厳しい状況で、社会全体として粘り強く対策を図っていく必要がある」と話し、出席した役員らに今後も一層の協力を求めた。
薬乱対策推進協総会
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る