HOME > 医療トピックス[長野県版] > 救急ワークステーションの試行運用スタート 「一層良質な救急医療を提供」 長野日赤(6/5)

医療トピックス[長野県版]

救急ワークステーションの試行運用スタート 「一層良質な救急医療を提供」 長野日赤(6/5)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 長野赤十字病院(吉岡二郎院長)は4日、同院で救急隊員と救急車が待機する「救急ワークステーション」の開所式を開き、長野市消防局と協定を取り交わし試行運用を開始した。県内では長野市民病院に次いで2例目。あいさつで吉岡院長は「地域に対して、一層良質な救急医療が提供できるように取り組んでいきたい」と抱負を述べた。試行運用期間は2019年3月31日まで。
長野日赤 救急WS開所式
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る