HOME > 医療トピックス[長野県版] > 医師不足の医療機関に人的サポート 長野市民病院、病診連携交流会(6/4)

医療トピックス[長野県版]

医師不足の医療機関に人的サポート 長野市民病院、病診連携交流会(6/4)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 長野市民病院(池田宇一院長)は5月30日、「開業医と当院医師との顔の見える交流会」をテーマとした第2回病診連携交流会を長野市のホテルメトロポリタン長野で開き、同院医師約30人と地域の診療所医師約90人が交流を深めた。池田院長はあいさつで逆紹介率が90%以上の高い割合で推移していると報告し、「後方支援病院として、特に今年は医師不足など北信濃の医療機関の人的サポートに力を入れたい」と意欲を示した。
長野市民病診連携交流会
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る