HOME > 医療トピックス[長野県版] > 急性期1は34病院6752床 県内施設基準算定状況(5/18)

医療トピックス[長野県版]

急性期1は34病院6752床 県内施設基準算定状況(5/18)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 本紙では関東信越厚生局への届け出をもとに県内病院4月1日時点の施設基準算定状況を調べた。一般入院基本料については、2018年度診療報酬改定で旧7対1入院基本料からスライドした急性期一般入院料1が34病院6752床。昨年10月1日時点の7対1届出状況と比較して2病院260床減少した。急性期一般入院料2へ移行したのは2病院で、算定病床は計286床。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る