HOME > 医療トピックス[長野県版] > 特定行為は看護ケア広げるために活用 県医労連看護集会(5/16)

医療トピックス[長野県版]

特定行為は看護ケア広げるために活用 県医労連看護集会(5/16)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 県医療労働組合連合会(茂原宗一執行委員長)は13日、長野市で「第30回県看護集会」を開き、神戸市看護大学の林千冬教授が「看護の専門性とはなにか~看護本来の役割を考える」と題し記念講演した。林教授は特定行為に係る看護師の研修制度について「研修修了者はミニチュアドクターではない。あくまでも看護ケアを広げるために活用することが大事」と強調した。
第30回看護集会 (柳本)
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る