HOME > 医療トピックス[長野県版] > 県内在宅看取り、小規模機関は24%に対応 県医調査(5/10)

医療トピックス[長野県版]

県内在宅看取り、小規模機関は24%に対応 県医調査(5/10)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 県医師会(関隆教会長)はこのほど、県内医療機関を対象に実施した「在宅医療推進にかかる実態調査」の結果を公表した。在宅での看取りについては、年間30件以上対応する大規模医療機関の看取り総数が全体の13.9%だった。一方、同4件未満の小規模対応機関は23.7%を占め、対応規模が異なる医療機関が併存して地域の在宅看取りを支える構造が明らかになった。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る