HOME > 医療トピックス[長野県版] > 病状説明を勤務時間内に 信大、職員の過重労働軽減へ方針(5/9)

医療トピックス[長野県版]

病状説明を勤務時間内に 信大、職員の過重労働軽減へ方針(5/9)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 信大病院(本田孝行院長)はこのほど、患者や家族に対する病状説明を原則医師の勤務時間内に行うなどの診療方針を定め、一般に周知した。医師や病院職員の時間外勤務が増加して休日も取りにくい状況を改善し、安定的に地域医療を支えていくことが狙い。これまで患者や家族の要望に応じて夜間や休日にも実施していた病状説明は平日の勤務時間内に複数の職種で行うほか、休日や平日夜間の対応を主治医に限らず当直医らが担当する。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る