HOME > 医療トピックス[長野県版] > 担当薬剤師が最期まで関与 まるさん堂薬局が在宅患者統計(4/12)

医療トピックス[長野県版]

担当薬剤師が最期まで関与 まるさん堂薬局が在宅患者統計(4/12)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 開局以来、在宅訪問に注力している長野市のまるさん堂薬局(管理薬剤師:刈間香氏)は、このほど同薬局で携わってきた在宅患者の統計をまとめた。訪問終了理由の約3分の1が「自宅で死亡」で、そのうち半数以上ががんによるものだった。同薬局では、患者一人ひとりに担当薬剤師が決まっており、来局時や在宅訪問時には必ずその担当が対応することで患者の状態やバックグラウンドが常に把握できるという。「在宅訪問を行うからには定年があってはならない」との思いから「最初から最期まで寄り添う」ことを重視している。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る