HOME > 医療トピックス[長野県版] > 諏訪日赤の管理棟が竣工、26日稼働(3/16)

医療トピックス[長野県版]

諏訪日赤の管理棟が竣工、26日稼働(3/16)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 諏訪赤十字病院(大和眞史院長)は14日、事務室や医局などを配置する同院管理棟の竣工式を開いた。近隣の医療・行政関係者ら約60人が出席。大和院長は「新しい建物で新しい歴史をつくっていけることに誇らしさと喜びを感じる。病院の発展に努めていきたい」と抱負を述べた。管理棟は24、25の両日、引っ越しを行い、26日から稼働する。
 管理棟は、手術室増室などの高度急性期医療の機能強化や、医師の増員による医局スペース拡大を目的に増築した。
諏訪日赤 管理棟竣工式
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る