HOME > 医療トピックス[長野県版] > 北棟減価償却費で6億8000万円の赤字 伊那中央、運営審議会(2/26)

医療トピックス[長野県版]

北棟減価償却費で6億8000万円の赤字 伊那中央、運営審議会(2/26)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 伊那中央病院(川合博院長)は20日、病院運営審議会を開いた。2017年度事業会計の収支状況は約6億8000万円の赤字になる見通しで、北棟建設に伴う減価償却費と消費税の計上が赤字の要因と説明。「経営悪化ではない」とした上で、「運転資金に不足は生じない」と理解を求めた。
 北棟へ機能が移転した本館については、医療相談に応じる「患者支援センター」、子どもを対象にした「プレイルーム・小児訓練室」などを設け、今年の秋に改修が終わる計画も示した。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る