HOME > 医療トピックス[長野県版] > 最新1.5TのMRI導入、2台体制開始 浅間南麓こもろ医療C(2/5)

医療トピックス[長野県版]

最新1.5TのMRI導入、2台体制開始 浅間南麓こもろ医療C(2/5)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 地域の急性期医療を担うJA長野厚生連浅間南麓こもろ医療センター(黒栁隆之院長)は、最新機種1.5テスラのMRIを新たに導入し、1月から2台体制での運営を開始した。昨年12月に移転新築したのを機に増設。8年間使用した従来機は旧病院から移設し、磁石の部分を残しバージョンアップした。2台を効率よく使い分けることで、予約待ちの解消や検査件数の伸びも期待できる。
浅間南麓こもろ MRI2台体制 コイルをセットするスタッフ
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る