HOME > 医療トピックス[長野県版] > 多職種で研修医指導、病院全体のレベルアップへ  飯田市立が教育講演会(2/2)

医療トピックス[長野県版]

多職種で研修医指導、病院全体のレベルアップへ  飯田市立が教育講演会(2/2)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 飯田市立病院(堀米直人院長)の臨床研修管理委員会は1月31日、教育講演会「研修医教育から指導医教育、そして職員教育へ」を院内で開いた。指導医などで構成する同委員会は、研修医の研修には多職種での指導・評価も必要と考え、同講演会を初めて開催。各職種の新人教育や実習教育にも生かし、病院全体のレベルアップにもつなげたいと、1~3月を人材育成に取り組む期間と位置付けた。
飯田市立、教育講演会
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る