HOME > 医療トピックス[長野県版] > 移転候補地、市に協議申し入れ 長野日赤(1/31)

医療トピックス[長野県版]

移転候補地、市に協議申し入れ 長野日赤(1/31)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 長野赤十字病院(吉岡二郎院長)の移転新築について、吉岡院長は1月30日、病院の東側で市が所有する「若里多目的広場」を候補地として具体的な協議に入りたいと長野市に申し入れ、加藤久雄市長に要望書を提出した。広場は旧カネボウ綿糸長野工場跡地の一部で、敷地面積は2万5580㎡。現病院の敷地面積2万5124㎡とほぼ同じ広さがあり、現病院と隣接地のため、既存の第2駐車場、ヘリポートを含む第3駐車場、基幹災害医療センター、南新棟が活用できるメリットがある。
日赤候補地移転先要望a1
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る