HOME > 医療トピックス[長野県版] > 17年の経営改善見込み1.4億円 県立病院機構(1/26)

医療トピックス[長野県版]

17年の経営改善見込み1.4億円 県立病院機構(1/26)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 県立病院機構(久保惠嗣理事長)は26日、2017年度上半期経常損益が2億2979万円の損失となったことなどを踏まえ、17年度下半期から19年度まで集中的に経営改善プログラムに取り組んだ場合、17年度の改善見込み額が機構全体で1億4360万円となる試算を明らかにした。19年度までの累積では約5億円の改善を見込み、18、19の両年度は黒字を確保できるとした一方、累計では第2期中期計画中の黒字達成は困難とした。同日県庁で開いた評価委員会(小宮山淳委員長=信州大名誉教授)で示した。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る