HOME > 医療トピックス[長野県版] > 消化器内視鏡センターを開設 医師6人体制で、安曇野日赤(12/27)

医療トピックス[長野県版]

消化器内視鏡センターを開設 医師6人体制で、安曇野日赤(12/27)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 内視鏡検査や治療の充実を図ろうと、安曇野赤十字病院(中野武院長)は来年1月15日、「消化器内視鏡センター」を開設する。内視鏡検査が年々増加していることから、同院で多くの地域住民が受診できるように担当医は、消化器内科6人(非常勤1人含む)体制で、より一層がんの早期発見・治療を目指す。
 現在同院では、年間約6000件の内視鏡検査・治療が行われている。このうち下部消化管検査は約1500件を占め、大腸検査が増加傾向にあり、センター化により窓口を広げて、2000件を検査目標にするという。
安曇野日赤 消化器内視鏡C長
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る