HOME > 医療トピックス[長野県版] > 回復期機能の充実を推進 長野医療圏調整会議(12/21)

医療トピックス[長野県版]

回復期機能の充実を推進 長野医療圏調整会議(12/21)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 県長野医療圏地域医療構想調整会議(宮澤政彦会長=長野市医師会長)は19日、2回目の会合を長野保健福祉事務所で開いた。同日は慢性期・在宅医療の状況把握を議題の中心に、長野医療圏におけるレセプトデータ(2015年度)を分析。回復期リハビリ病床で10%を超す他圏域への流出があったことから、事務局は「圏域内の一定程度の回復期機能や患者の退院後の受け皿の充実が必要」と課題整理した。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る