HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「ダ・ヴィンチXi」で呼吸器外科手術 甲信越地区初、諏訪日赤(12/7)

医療トピックス[長野県版]

「ダ・ヴィンチXi」で呼吸器外科手術 甲信越地区初、諏訪日赤(12/7)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 諏訪赤十字病院(大和眞史院長)は5日、昨年導入した手術支援ロボット「ダ・ヴィンチXi」を用いて11月29日に甲信越地区では初となる呼吸器外科手術を施行したと発表した。手術内容は、県内在住60代女性の縦隔内に発生した胸腺腫の全摘出で、同院呼吸器外科部長兼鏡視下手術センター長の吉田和夫氏が執刀した。吉田氏によると、手術時間は4時間2分で出血量20cc。患者は手術4日後に退院し経過も順調だと説明した。
2-1
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る