HOME > 医療トピックス[長野県版] > 「健康長寿」目指し計画へ意見 県保健医療計画策定委(7/24)

医療トピックス[長野県版]

「健康長寿」目指し計画へ意見 県保健医療計画策定委(7/24)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 第7次保健医療計画の策定に向けて専門的な観点から調査審議する、県医療審議会の保健医療計画策定委員会(委員長=久保惠嗣県立病院機構理事長)は21日、県庁で3回目の会合を開いた。
 計画に盛り込む「目指すべき姿」に、健康長寿に向けた県の具体的な取り組み姿勢や、県の健康長寿の要因などを付け加えるとしたことに関し、各委員から「チーム医療で連携して取り組むという部分を入れる方がいいのでは」「元気な人たちにも目を向け、ロコモやフレイル予防の観点も盛り込んだらどうか」「小児の死亡率が低い点にも注目してほしい」などの意見が出た。
 この日の委員会では、5月から6月にかけて開いた2回目の各ワーキンググループの議論や検討状況を共有したほか、二次医療圏の設定について、現状どおり10の医療圏を維持することを確認した。
 策定委員会は、今後2回実施する各ワーキンググループの検討を踏まえ、年内に計画素案を作成。来年2月には計画案を決定する。
SONY DSC
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る