HOME > 医療トピックス[長野県版] > 医療連携や退院支援の強化順調 諏訪日赤(5/19)

医療トピックス[長野県版]

医療連携や退院支援の強化順調 諏訪日赤(5/19)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 諏訪赤十字病院(大和眞史院長)は17日の地域医療支援病院運営委員会で、昨年度の医療連携や退院支援の強化が順調に推移していると報告した。地域医療支援病院の運営について、昨年度の紹介率は約80%、逆紹介率が約93%だったと説明した。
 退院支援の強化については、患者の在宅復帰支援を円滑に行うために地域と連携を図ることが目的で退院支援加算1を追加。入院後7日以内に患者や家族と面談することをはじめ、多職種によるカンファレンスを7日以内に実施する。退院支援調整看護師と社会福祉士を各2人増員して、体制を整えているとした。
 また、防犯対策の充実も報告。来院した目的が明確になるよう見舞客に「お見舞者カード」を着用してもらう体制や、院内で不審者と遭遇した際に警備会社へボタン一つで通報できる仕組みを導入している。
 大和院長はあいさつで、紹介・逆紹介率が高い数値で推移していることで「地域の病診連携ができており、患者の理解を得られている結果」と話し、今後も取り組みを増やしていくとした。一方、紹介を受けた後の返書について、「今年はより一層返書管理をしっかり行い、今後の会議で報告していく」と述べた。
諏訪日赤 地域医療運営委
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る