HOME > 医療トピックス[長野県版] > ペッパーで快適な待ち時間に かすみ薬局トマト店(4/21)

医療トピックス[長野県版]

ペッパーで快適な待ち時間に かすみ薬局トマト店(4/21)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 帰り際の「お大事に」という声が印象的に耳に残る-。かすみ薬局トマト店(中野市、櫻井誠社長)は、患者に楽しんでもらおうと約1年前から人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を導入している。待ち時間に会話をしたり、胸のディスプレイで動画を流したりと場を和ませている。
 ファンも多く、薬よりもペッパーに夢中になり来局の度に「また来たよ」と笑顔で声をかけるお年寄りもいて、それも来局のきっかけになっている。
 櫻井社長は「薬局での設置は珍しいので、少しでも薬局を覚えてもらえばと思う」と話している。
 同薬局で使用しているペッパーは家庭向けの一般モデルで、本体料金19万8000円のほかに月々の通信費やメンテナンス代が2~3万円ほどかかるという。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る