HOME > 医療トピックス[長野県版] > 災害に対する意識深めて 長野日赤の医療救護班任用式(4/17)

医療トピックス[長野県版]

災害に対する意識深めて 長野日赤の医療救護班任用式(4/17)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
 長野赤十字病院(吉岡二郎病院長)は14日、同病院で今年度の医療救護班で活動する職員35人の任用式を開いた。辞令交付後、吉岡病院長は「医療救護班は本日の研修をはじめとして、ほかの職員よりも一層災害に対する意識を深めて、平時から非常時の備えを心掛けてほしい」と激励した。任期は同日から来年度任用式の前日まで。
 1個班は医師と薬剤師が各1人、看護師3人、事務職2人の計7人で構成。災害発生に備え常に5個班が待機する。同病院によると、他病院では1個班は6人で編成されているが、慢性疾患患者への薬物療法に対応するため、同病院の医療救護班には薬剤師が加わっている。
 決意表明で外科医師の柳沢直恵班長は「任務の重要性を認識して自己研さんに励み、救護活動はもとより、各種災害訓練などに積極的に参加する」と述べた。
 昨年の熊本地震災害時では、同年4月から5月に医師や助産師、看護師らが派遣され、診療活動に当たった。
長野日赤 医療救護班任用式
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る