HOME > 医療トピックス[長野県版] > 県歯会長選、春日会長 三選出馬へ 「機構改革を具現化」(2/9)

医療トピックス[長野県版]

県歯会長選、春日会長 三選出馬へ 「機構改革を具現化」(2/9)

医療タイムス 長野県版  
ニュース
県歯科医師会の春日司郎会長は2日、第12回理事会終了後に、「全力で取り組んできた機構改革を具現化し、新たな組織を作り上げてから、次の世代に引き渡すのが妥当ではないか。幸い、気力も充実している。来期も続投させていただきたい」と述べ、会長選に立候補する意向を表明した。
春日執行部はこの2年間、新会館建設と機構改革に取り組んできた。このうち、新会館は2015年10月末に竣工。今年度は、「より近い県歯」を目指して、機構改革を重点事業に掲げていた。3月16日に開催予定の第10回臨時代議員会で、機構改革に伴う定款などの改正が承認されれば、理事の増員や常務理事会の開催、常設委員会の設置などが可能になる。どのような常設委員会を設置し、各部との関係をどうするのかは時の執行部に委ねられていることから、新執行部がどのような組織を作るのかが注目されている。
この記事の完全版をお読みになるには、試読・購読の手続きをしていただく必要があります。
試読する 最新号から1ヶ月間無料でお届け 購読する 定期購読のお申し込みはこちら
※試読・購読は最新号からとなります。当該の記事につきましては、在庫状況
 などに応じ、媒体もしくは記事部分のみでのお届けとなります。
ページの先頭へ戻る